国連生物多様性の10年市民ネットワーク JCN-UNDB

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ!】夷隅川(いすみがわ)によってつながる、里山と里海をめぐる現地見学と公開セッション(2)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】「夷隅川(いすみがわ)によってつながる、里山と里海をめぐる現地見学と公開セッション」(1)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    沖縄県東村高江〜やんばるの森とヘリパッド建設〜 

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 里山・里海バスツアー@千葉県いすみ市

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 ニュージーランド見聞録

    more

  1. Home
  2. スペシャル > 生物多様性・特派員メモ! > 【特派員メモ】 魚のゆりかご水田 〜田んぼの土用干し(中干し)〜

スペシャル

SPECIAL

【特派員メモ】 魚のゆりかご水田 〜田んぼの土用干し(中干し)〜

2016.09.25

特派員 青木由希子

この夏、滋賀県は琵琶湖周辺で「魚のゆりかご水田米」を育てている堀 彰男さんの田んぼに行く機会がありました。ちょうど田んぼの土用干し(中干し)に手伝いが必要とのことで、カメラともんぺ持参で行きました。

須原にある魚のゆりかご水田。琵琶湖から水を引いています。

「魚のゆりかご水田プロジェクト」
琵琶湖周辺の田んぼは、むかし、琵琶湖と田んぼの水位がほぼ一緒だったので、様々な生きものが行き来していました。琵琶湖で有名な「鮒寿司」に欠かせないニゴロブナ(琵琶湖だけに生息する固定種)やコイ、ナマズなどが水田に卵を産みに来て、稚魚の餌になるプランクトンが豊富にあったことと外敵から身を守りやすいために、安心して子育てができる「ゆりかご」のような場でした。しかし、農業の生産性向上のために、圃場整備が進むと琵琶湖と水田の水位の差が生じて生態系が分断されていき、湖の魚も減少していきました。

そこで、滋賀県は、「生きものと人々でにぎわう農村づくり」を目指して、住民参加による琵琶湖と田んぼの水位の差を緩和する「排水路堰上げ式水田魚道」をつくりました。すると、琵琶湖と田んぼに生きものたちが戻ってきました。

「排水路堰上げ式水田魚道」です。板を設置して水位を調節すると、湖の魚が田んぼまで泳いで行けるようになりました。

 

田んぼの土用干し(中干し)のため、水を抜いた田んぼと、田んぼを上から見た写真です。

「田んぼの土用干し(中干し)」
田植えをして稲の株が張ってきて、田んぼの土が見えなくなるころに、田んぼの水を抜きます。田んぼの土用干し(中干し)をすると、
・田んぼに酸素を供給する。
・分けつを止める(稲の株張りを止める)。
・水を抜くことによって土をかたくして、水を入れた時に重機が入りやすくする。
・無農薬の場合は、ヒエがたくさん生えてくるので、大きくなる前に抜き取る。
など、米づくりに大切な効果があることを知りました。

「これがヒエです」と、魚のゆりかご水田米の堀さん。
根元で見分けをつけますが、米と同じイネ科なので、私にはほとんど同じに見えてしまいます。

堀さんから、ヒエの見分け方を教わっています。慣れるまで何度も教えていただきました。

ヒエ取り、がんばります!左から、国連生物多様性の10年市民ネットワーク坂田さん、ゆえちゃん、まみちゃんです。(私もカメラともんぺで参加しています)

ヒエは米よりも発育が早いために、田んぼの栄養を米の発育よりも先にうばってしまいます。ヒエも大切な穀物ですが、おいしい米を育てるためにヒエ取りをします。

ヒエ取りをしながら、畦の草の色が違うことを知りました。手前は無農薬の田んぼで、奥は除草剤を少し使っているために草が枯れています。

畦を歩くと、いろんな生きものがいることに気がつきます。無農薬の田んぼは、ヒエ取りも大変でしたが、様々な草や花、小さな種を実らせている草や、蝶やトンボ、虫の抜け殻なども見ることができました。

無事にヒエ取りが終わりました。お疲れさまの記念写真です。この後、魚のゆりかご水田米のおむすびとバーベキューをごちそうになりました。お米の一粒一粒が滋味あふれていておいしかったです。

田んぼの土用干し(中干し)が終わるとすぐ琵琶湖から水を引きます。勢いよく琵琶湖の水が流れるのを見ているだけで気持ちよかったです。田んぼに水が満たされてくると、草むらからこそっと隠れていたカエルが出てきました。

魚のゆりかご水田をたずねてから二月が経ちました。収穫の秋を迎えて、稲刈りが始まっているようです。

「新米できました」魚のゆりかご水田のブログより。

PICKUP CONTENTS

  1. Home
  2. スペシャル > 生物多様性・特派員メモ! > 【特派員メモ】 魚のゆりかご水田 〜田んぼの土用干し(中干し)〜

国連生物多様性の10年市民ネットワーク

〒450-0001 名古屋市中村区那古野1丁目44-17 嶋田ビル203
国連生物多様性の10年市民ネットワーク事務所
TEL: 090-9895-2055
e-mail: inq@jcnundb.org

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ

このホームページは地球環境基金の助成金により作成されています

© Japan Civil Network for the United Nations Decade on Biodiversity All Rights Reserved.

page top