国連生物多様性の10年市民ネットワーク JCN-UNDB

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 クライストチャーチ、震災復興から市街地再開発まで

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 カイコウラ 港町の震災復興

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!ニュース

    【特派員メモ】 ウェリントンの都市型保護区、Zealandia

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ!】タンチョウへの愛しさと せつなさと 心強さと

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】江戸末期からある芝居小屋をたずねて

    more

  1. Home
  2. スペシャル > 生物多様性・特派員メモ! > 【特派員メモ】わら細工「しめ縄(たまかざり)」

スペシャル

SPECIAL

【特派員メモ】わら細工「しめ縄(たまかざり)」

2015.12.29

取材/撮影 青木由希子

正月に年神を迎えるための、しめ縄のたまかざり。 川崎市立日本民家園にて開催された体験講座で、「民具製作技術保存会」わら細工グループのみなさんからつくり方を教わりました。

藁を束ねたもの

しめ縄に使う「ミトラズの藁と脱穀した藁を束ねたもの」

ミトラズとは「実をとらない」という意味があり、稲穂が出る前に刈りとられた青々とした藁のことで、しめ縄には草丈の長いものが扱いやすいため、品種改良される前の原種に近い稲を使うことが多いそうです。脱穀した藁の方は、強風に耐えられるよう草丈が低めに品種改良されたものと聞きました。

昔は、棚田の角の方に植えておいて、しめ縄用に育てていた風景があったそうです。

藁のはかま(下葉)を指ですいて取り除

脱穀した藁のはかま(下葉)を指ですいて取り除いています。

地面に落ちたはかまのストロー状の部分を集めて、しめ飾りに使う「あんこ(芯藁)」をつくります。

藁をつぶさないように束ね

空気を含ませるように、ふわっと軽く握り、藁をつぶさないように束ねます。

「あんこ」ができました。

「あんこ」ができました。

「あんこ」を包みます

ミトラズの束をうすく広げて「あんこ」を包みます。根元のかたい部分から手のひらひとつ分の上にのせます。

しめ縄にボリュームがでるようにします

ミトラズをねじりながら「あんこ」を包んでいきます。しめ縄にボリュームがでるようにします。

こちらは、藁を湿らせて叩いて、柔らかくしたあとに、編んでいるところです。 しめ縄は、地方に寄って様々な編み方、ねじり方があります。 右側の写真は、松の葉とやぶこうじでしめ縄の飾りをつくっているところです。

古民家の軒下には、わら細工グループのみなさんがつくられた日本各地のしめ縄飾りが展示されていました。

右側の写真で、馬を象っている「ウマジメ」が気になり見てみると、古来より馬は神の乗り物とされていて、三重県阿山町のしめ飾りであることを知りました。私の先祖に縁ある土地だったので、うれしい発見でした。

左側の写真:ゴボウジメ(川崎市)は、神棚に飾ります。野菜のゴボウの形をしています。 中央の写真:シメカザリ(佐賀県)は、鶴を表現した注連縄(しめなわ)飾りです。 右側の写真:コウジンジメ(川崎市)は、ダイコンジメ(しめ縄の中央が太い、大根の形)を舟形につくり、火伏の神(コウジンサマ)のいる台所に飾ります。

しめなわ

しめ縄ができました。これから飾りをつけていきます。

しめなわ

紅白のシメ・青昆布・裏白(ウラジロ)・ゆずり葉・やぶこうじ(赤い実)・松・海藻のホンダワラ・紅白の水引・橙(ダイダイ)・海老・福袋・末広など、縁起の良いものを飾ります。玄関につける時に末広(扇)と藁の束を広げます。

しめ縄飾りをつける日は、29日と31日を避けます。松の内に外して、どんと焼きにします。 わら細工の伝統に触れることができて、 暮らしを尊ぶこと、その象徴ともいえる民具に改めて親しみを覚えました。


取材協力

  • 民具製作技術保存会
  • 先人が生活の中から生み出した日用品には機械で作られた物にはない、地球環境にも人にも優しいよさと温かみがあります。
    これら民具のつくりかたを正しく習い、後世へ伝えようと昭和48年(1973年)10月に発足した市民団体。
  • 川崎市立 日本民家園
  • 神奈川県川崎市多摩区枡形7−1−1 電話:044-922-2181 http://www.nihonminkaen.jp

    開園時間:3月~10月9:30~17:00(入園は16:30まで)/11月~2月9:30~16:30(入園は16:00まで)
    休園日:月曜日(祝日の場合は開園)/祝日の翌日(土日の場合は開園)/年末年始(12月29日~1月3日)
    入園料:一般500円/高校・大学生300円/65歳以上300円/中学生以下 無料

PICKUP CONTENTS

  1. Home
  2. スペシャル > 生物多様性・特派員メモ! > 【特派員メモ】わら細工「しめ縄(たまかざり)」

国連生物多様性の10年市民ネットワーク

〒450-0001 名古屋市中村区那古野1丁目44-17 嶋田ビル203
国連生物多様性の10年市民ネットワーク事務所
TEL: 090-9895-2055
e-mail: inq@jcnundb.org

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ

このホームページは地球環境基金の助成金により作成されています

© Japan Civil Network for the United Nations Decade on Biodiversity All Rights Reserved.

page top