国連生物多様性の10年市民ネットワーク JCN-UNDB

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】やんばるの森 アキノ隊員のネイチャーガイドに参加しました

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 クライストチャーチ、震災復興から市街地再開発まで

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 カイコウラ 港町の震災復興

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!ニュース

    【特派員メモ】 ウェリントンの都市型保護区、Zealandia

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ!】タンチョウへの愛しさと せつなさと 心強さと

    more

  1. Home
  2. スペシャル > 生物多様性・特派員メモ! > 【特派員メモ】岡山県西粟倉村を訪ねて

スペシャル

SPECIAL

【特派員メモ】岡山県西粟倉村を訪ねて

2015.12.28

作者名:岩藤 杏奈

今年の10月末に、岡山県英田郡にある西粟倉村を訪ねました。 林業で地域活性を進める村として、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか? 西粟倉村の「あわくら温泉 元湯」に一泊して温泉を堪能してきたのですが、村の素敵な取り組みを少し紹介したいと思います。

あわくら温泉

▲西粟倉村の朝。右手の建物が「あわくら温泉 元湯」です。

西粟倉村は人口1500人の村で、面積の95%が森林の緑豊かな村です。 森林の約8割が人工林であるスギとヒノキであり、その多くが樹齢50年を越えています。 西粟倉村は、約50年前に子や孫のために木を植え育ててきた人々の想いを大切にしたいという気持ち、そして、林業バイオマスを活かした地域再生を目指して、2008年に「百年の森林(もり)構想」を掲げました。林業バイオマスを活用し、再生可能エネルギー自給率100%の村を目指しています。 その一つとして、村に3つある温泉施設への薪ボイラー導入が進められてきました。

▲元湯には、至る所にスギとヒノキが使われています。    ▲薪ストーブではピザも焼かれているそうです。

子ども用部屋

▲子ども用のお部屋も充実していて、子連れにやさしいお宿でした。

元湯には、私が訪問した数週間後に薪ボイラーが導入されたようです。(立ち会えず残念・・・) 元湯の温泉にはもちろん、お部屋のフローリングや本棚などにたっぷりとヒノキとスギが使われていました。木のいい香りに包まれて、心も体もとてもリラックスできました。

こちらの元湯、実は2011年に一度廃業したのですが、「村楽エナジー株式会社」が引き受け、2015年春に再スタートされました。村楽エナジーの代表者、井筒耕平さんは去年西粟倉村に移住し、薪ボイラーのための薪工場の運営、薪・丸太ボイラー導入のコーディネートをされています。

井筒さん

▲「移住者に寛大なことも、村の魅力です。」と井筒さん(右)

薪

▲お庭には薪が積み重ねられていました。

薪ボイラーに使う木材は、間伐材の中でもC材です。(A、B、Cの順に良質な間伐材) これを温泉施設の薪ボイラーに入れて、14度の冷泉を温めます。 薪ボイラーを使うと、温泉の燃料費は灯油を使う場合の7~8割程度ですむそうです。

「間伐材に価値が生まれると、地域に林業の仕事が増えます。」と井筒さん。 間伐が進むことで森に光が入り、森林はさらに豊かになります。 それに、海外から石油資源を取り寄せるのではなく地域にある資源を使えば、そちらの方がエネルギー効率もいいですし、環境や生きものに与える負荷も少なくて済みますよね。

井筒さんに林業バイオマス活用の今後について伺うと、「西粟倉のバイオマス資源は、村の全世帯のエネルギーを賄えると思います。」とのこと。温泉施設に留まらず、林業バイオマスの活用場所を村全体に広げていくそうです。

パンフ

▲西粟倉村に行く方にぜひおすすめしたい。

温泉でゆっくりした翌朝は、元湯のヨガイベントに参加させてもらいました。 森のおいしい空気を胸いっぱいに吸って、鳥たちのさえずりを聞きながらのヨガは最高でした。

○あわくら温泉 元湯 公式サイト http://motoyu.asia/  FBページ https://www.facebook.com/motoyumotoyu/?fref=ts 

PICKUP CONTENTS

  1. Home
  2. スペシャル > 生物多様性・特派員メモ! > 【特派員メモ】岡山県西粟倉村を訪ねて

国連生物多様性の10年市民ネットワーク

〒450-0001 名古屋市中村区那古野1丁目44-17 嶋田ビル203
国連生物多様性の10年市民ネットワーク事務所
TEL: 090-9895-2055
e-mail: inq@jcnundb.org

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ

このホームページは地球環境基金の助成金により作成されています

© Japan Civil Network for the United Nations Decade on Biodiversity All Rights Reserved.

page top