国連生物多様性の10年市民ネットワーク JCN-UNDB

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 里山・里海バスツアー@千葉県いすみ市

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 ニュージーランド見聞録

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 京都市 宝が池公園でバードウォッチング!

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 魚のゆりかご水田 〜田んぼの土用干し(中干し)〜

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 みんなのこうばる守るため

    more

  1. Home
  2. 設立趣意書

設立趣意書

PROSPECTUS

国連生物多様性の10年市民ネットワーク趣意書

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)およびカルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)が2010年10月に愛知県名古屋市で開催され、幾多の困難な議論と決裂の危機をのりこえ、「国連生物多様性の10年」「愛知目標」「名古屋議定書」「名古屋−クアラルンプール補足議定書」を始めとする決議が無事採択されるに至った。「生物多様性条約市民ネットワーク」は、この会議に臨む日本でひとつの総合的な市民連携組織として、よりよい合意に向けて貢献してきた。

 合意に至った最大の要因は、生物多様性条約の3つの目的の意義が参加者に共有されていたことにある。
すなわち、①生物多様性の保全、②その構成要素の持続的な利用、③その利用から生じる利益の公正かつ衡平な配分であり、多くの国やNGOは、この3つの目的を切り離さずにとらえることが地球社会全体に利益をもたらすことを認識し、持続可能な未来をめざして努力している。ただし、議長国である日本政府は、開発途上国が懸念を表明した課題を誠実に受け止め、公正衡平な社会をめざして、残された課題の解決に努める責任を有する。さらに、2011年3月に発生した地震と津波は、東日本に未曾有の被害をもたらすとともに、原発事故を通じて、現代社会がいかに脆弱な基盤と特定の地域の犠牲の上に成立し、持続可能な社会とはほど遠いものであることを認識させた。日本政府ならびに日本国民は、震災復興にあたって、単に災害に強い社会だけではなく、真に持続可能で公正衡平な社会をめざすべきである。

 私たち「国連生物多様性の10年市民ネットワーク」は、「生物多様性条約市民ネットワーク」の後継組織として、同会が提案し、政府と交渉し、決議にまでこぎつけた「国連生物多様性の10年」に対して、市民側から盛り上げていく所存である。その際、生物多様性条約の成果を継承、実現し、<生物多様性は、それを育み、守り、持続可能な形で利用する地域住民から切り離すことができない>という立場から、<生物多様性の激減の根本原因と真正面から取り組み、これを正す方向で>社会を変革していく必要がある。それには、これまでCOP10/MOP5に参加してきた環境系の団体のみならず、国際協力系、第一次産業系、人権・ジェンダー、将来世代など、幅広い団体に参加を呼び掛け、多様な地域生態系、地域文化の真の守り手である地球市民や地域住民の国境を越えた連携を目指すことが重要である。

以上の趣旨の実現を図るため、ここに「国連生物多様性の10年市民ネットワーク」の設立を宣言する。

目的
 上記の趣旨に沿って、本会は、2010年に愛知県名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)およびカルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)の成果と、国連生物多様性の10年の目標を実現するため、国際社会と連携しつつ、日本の市民団体として活動することを目的とする。

活動にあたっての基本原則
・ 本会は、生物多様性が地球規模の課題であるとともに地域の問題であることを認識し、地球市民としての提案と同時に、地域住民としての取り組みを重視する運営に心掛ける。
・ 本会は、透明性と公開性を保障する民主的な運営に努め、互いに対等な構成員ができるだけ合意できる意思決定プロセスを追求する。

(活動)
1.COP10/MOP5の成果の継承と実現
・ 国連生物多様性の10年に関する普及啓発
・ 愛知目標達成のために必要な活動及び政策提言
・ 名古屋議定書、名古屋−クアラルンプール補足議定書に関する活動
・ 生物多様性国家戦略等の国の政策に対する提言
・ その他、COP10/MOP5の成果の継承と実現に必要な活動
2.地域ネットワークをつなぐ全国ネットワーク
・ 生物多様性に関する地域の多様な主体との連携
・ 生物多様性地域戦略等に対する地域からの政策提言
3.生物多様性条約に関する内外の組織との連携
・ 生物多様性条約事務局との連絡窓口
・ 日本政府、地方自治体との連絡窓口
・ 生物多様性条約に取り組む海外の団体との連携
4.その他、本会の目的の達成に必要な事業


Charter of Japan Civil Network for the United Nations Decade on Biodiversity

In October, 2010, the 10th Conference of the Parties to the Convention on Biological Diversity(COP10)and the 5th meeting of the Conference of the Parties serving as the Meeting of the Parties to the Cartagena Protocol on Biosafety (MOP5) were held in Nagoya, Aichi Prefecture, Japan. Through a multitude of strenuous and difficult negotiations in the face of a possible failure, various resolutions were successfully adopted such as “United Nations Decade on Biodiversity,” “Aichi Target,”“Nagoya Protocol,” and “Nagoya-Kuala Lumpur Supplementary Protocol on Liability and Redress to the Cartagena Protocol on Biosafety,” etc. “Japan Civil Network for Convention on Biological Diversity” also contributed to the conference reaching better agreements as the only comprehensive civil alliance in Japan.

The biggest factor leading to these agreements was that the participants of the conference shared the significance of the following main objectives for the Convention on Biological Diversity (CBD) :
1. The conservation of biological diversity
2. The sustainable use of the components of biological diversity
3. The fair and equitable sharing of the benefits arising out of the utilization of genetic resources.
Many countries and NGOs recognize that considering these three objectives inseparably will benefit the entire globe and have been striving for a sustainable future. The Japanese government, in particular, assumes the responsibility as the conference chair for sincerely acknowledging problems over which developed nations have expressed concerns and seeking to solve remaining issues in order to create a fair and equitable society. However, as eastern Japan suffered an unprecedented devastation in the March 2011 earthquake and tsunami, and the subsequent nuclear accident in Fukushima, we are compelled to acknowledge the fact that modern society is far from sustainable but built on the vulnerable foundations and at the sacrifice of specific parties and areas. Therefore, the government and people of Japan should aim for a society which is truly sustainable, fair and equitable as well as disaster-resistant in our restoration efforts.

“The UN Decade on Biodiversity” was initially advocated by“The Japan Civil Network for Convention on Biodiversity” and this proposal found its way through negotiations with the Japanese government and finally became a United Nations resolution. Therefore, we are determined to boost the resolution from citizens’ perspectives under a succeeding organization for “the UN Decade on Biodiversity.” We must make efforts to take over and realize the achievements of the CBD and reform our society by “squarely tackling the root cause for the dramatic loss of biodiversity” from the standpoint that “it cannot be separated from local residents who protect, nurture, and sustainably utilize it.” In doing so, we should seek for participation of various groups associated with international cooperation, primary industry, human rights/gender issues, and future generations in addition to environmental organizations that took part in COP10/MOP5 because it is crucial for us to promote cross-border cooperation with global citizens and local residents who are the true caretakers and guardians of diversified regional ecosystem and local cultures.
With a goal of attaining the above-mentioned objectives, we hereby declare the establishment of“the Japan Civil Network for the United Nations Decade on Biodiversity.”

Purpose
In line with the above objectives, this organization acts as a Japanese civil group with a view to realizing the outcomes of COP10/MOP5, and targets set in the UN Decade on Biodiversity in cooperation with the international community. 

Basic principles
・ This organization recognizes biodiversity as a local issue as well as an international challenge and therefore is committed in our activities to valuing efforts as local residents while making proposals as global citizens.
・ This organization operates in a democratic manner ensuring transparency and openness so that we can pursue a decision-making process in which its members can stand on an equal footing and reach a consensus as much as possible.

(Activities)
1.Take over and realize the outcomes of COP10/MOP5
・ Awareness raising with regard to the UN Decade on Biodiversity
・ Actions and policy proposals necessary to achieve the Aichi Target
・ Activities pertaining to“the Nagoya Protocol,” and “The Nagoya-Kuala Lumpur Supplementary Protocol on Liability and Redress to the Cartagena Protocol on Biosafety.”
・ Proposals for national policies associated with the National Biodiversity Strategy, etc.
・ Actions required to take over and realize the outcomes of COP10/MOP5
2.Create a national network to connect regional ones
・ Cooperation with various local bodies in relation to biodiversity
・ Policy proposals from local perspectives regarding regional strategies for biodiversity, etc.
3.Cooperate with domestic and international organizations relevant to the CBD.
・ Liaison with the CBD Secretariat
・ Liaison with the Japanese government and local municipalities
・ Cooperation with overseas entities engaged in the CBD
4.Operations necessary to attain the purpose of this organization

PICKUP CONTENTS

  1. Home
  2. 設立趣意書

国連生物多様性の10年市民ネットワーク

〒450-0001 名古屋市中村区那古野1丁目44-17 嶋田ビル203
国連生物多様性の10年市民ネットワーク事務所
TEL: 090-9895-2055
e-mail: inq@jcnundb.org

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ

© Japan Civil Network for the United Nations Decade on Biodiversity All Rights Reserved.

page top