国連生物多様性の10年市民ネットワーク JCN-UNDB

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 魚のゆりかご水田2017と鮒ずしの仕込み

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 『グリーンタイガーが目覚める!』上映会(虔十の会)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ!】夷隅川(いすみがわ)によってつながる、里山と里海をめぐる現地見学と公開セッション(2)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】「夷隅川(いすみがわ)によってつながる、里山と里海をめぐる現地見学と公開セッション」(1)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    沖縄県東村高江〜やんばるの森とヘリパッド建設〜 

    more

  1. Home
  2. 国際会議の動向 > COP12 > 日韓NGOミーティングVol.3

国際会議の動向

INTERNATIONAL CONFERENCE

日韓NGOミーティングVol.3

2014.06.19

日韓NGOミーティングVol3

日韓NGOミーティングVol3

第三回日韓NGOミーティングは、韓国NGOを招いて大阪府立大学I-siteなんばで開催されました。2014年1月に、韓国では、CBD/COP12韓国市民ネットワークが結成されました!すでに約30団体が、加盟しているそうです。COP12が近づくにつれ、参加団体はもっと増える見込みです。
一日目は、フォーラムを行いました。

地図

ネットワーク結成という新たな動きが始まった韓国のCOP12準備状況について、キム・キョンチョルさん(KWNN事務局長・CBD/COP12韓国市民ネットワーク運営委員)から報告がありました。すでにネットワークで会議もスタートしており、大阪から帰国後には、COP12活動計画樹立のためのワークショップも開催するそうです。
政府側の動きとしては、DMZ世界平和公園関連の展示会などのイベント企画が行われているそうです。ただし、DMZは、いまや生物多様性の宝庫となっているのに、関連施設の建設の話があるとのこと。建物ではなく、公園とすべきとのこと。
ロジ情報も報告されました。ピョンチャンは、日本で言えば長野県の山奥という感じのところだそうです。インチョン空港かキンポ空港からバスで約4時間。2018年の冬季オリンピック開催地なのでリゾート地。宿泊については、ホテルは高いうえにあまり数がなく、ペンションであれば多数あるとのこと。韓国のペンションは、キッチンのある自炊タイプで、だいたい4名基準で、宿泊費は部屋単位。ただしペンションは、交通の便が悪いかもしれないそうです。
その他、韓国からは、ファン・インチョルさん(グリーンコリア)から「韓国の主な湿地イシューと課題」、パク・チュンロクさん(KWNN運営委員長)から「韓国の湿地/生物多様性政策と課題」、キム・スンレイさんからは「江華島の巨大潮力発電による海岸線の破壊」について詳細な発表がされました。
日本からは、「COP12に向けて―COP10の教訓から―」と題して道家哲平さん(IUCN日本委員会)が、NGOの役割をわかりやすく話してくれました。ラムサール・ネットワーク日本からは、有明訴訟弁護団の堀良一弁護士が、「諫早干拓事業―開門は今が正念場」を報告、UNDB市民ネットからは、坂田昌子が「地域における生物多様性保全のとりくみ」と題し、滋賀県琵琶湖の魚のゆりかご水田や岡山県真庭市のバイオマスエネルギーの取組みを紹介しました。

二日目は、朝から夜まで、びっしりミーティング!アイスブレーキングの後、さっそく日本、韓国それぞれが、現状を変えていくためにCOP12で何をやりたいのかについて、まずはざっくばらんに。とはいえ、ポジションペーパーの作成、共同声明、COP12の準備会合であるSBSTTAへの参加、条約交渉の方法、100日前イベント、会議場内でのサイドイベント、会議場外でのイベント、ブース展示など、多岐にわたり、話し合いました。

日韓NGOミーティング道家さん

日韓NGOミーティング道家さん

日本側のCOP12での重要な課題としては

  1. 愛知ターゲットに関して、 日本の実践活動を紹介したい。具体例 しては、日本の地域のさまざまなgood practice と bad practiceについて。ローカルにこだわりながら、国際的なモデルにできるものを伝えたい。
  2. 脱原発については、福島の現状と福島に留まらず、原発をめぐる日本人の認識、とりくみについても。
  3. 第一次産業については、生物多様性を守る農業や漁業、林業を現場の人を連れて行き発信したい。できればCOP12という場を活用して、韓国の農村へ案内してほしい。
  4. 先住民の問題については、韓国では先住民問題がないが、アジアの先住民族とのネットワークに関わっている人がいれば紹介してほしい。
  5. COP12以降のことも視野に入れて活動したい。COP12をアジアのNGOがつながるきっかけにしたい。

韓国側からは、1月17日にネットワークがスタートしたばかりなので、組織化や活動は、まだまだこれからだが、今回の討議は、2月に予定しているワークショップに役立つとし、目標としては

  1. 韓国政府の国家戦略:愛知目標が反映するように
  2. 平昌ロードマップ:愛知ターゲットをどのように実現していくのか、愛知ターゲットを実効性のあるものにしていくための役割があるはず。
  3. 名古屋議定書:韓国政府はまだ批准していない。 韓国政府に対し、早く批准・署名するように働きかける
  4. 「生物多様性」という言葉についての理解度を深めるための普及啓発。
  5. 本会議で採択されるドラフトへの関わり。
  6. 会議をおこなうホスト国のNGO として、全世界のNGOが活動しやすいようにする。
モモの家

モモの家

お互いの問題意識を共有しつつ、韓国からは、どれほど生物多様性の破壊が行われているか実例が、ずいぶんたくさんあげられました。慶尚南道での高圧電力の送電を阻止する運動、乃城川のダム問題、保護区域が、開発計画のないところばかり指定され、本当に保護しなくてはならない場所が指定されない問題、4大河川問題、軍事基地による環境汚染など…
環境問題は、国境を越えます。渡り鳥たちも、放射能も、化学物質も…海も空も国境に関係なくつながっているのがわたしたちの住む世界。だからわたしたちも国境を越えてつながり、リアルな日韓共同を作り上げる必要があります。
UNDB市民ネットからは、COP12に多数のNGOや市民の参加を促すために、5月22日生物多様性の日あたりで、韓国NGOに来日していただき、東京、大阪の2か所でCOP12に向けたイベントを開催したい旨を伝え、協力していただくことを確約しました。

一日中、フォーラムやミーティングで議論しているにもかかわらず、夜の交流会でも韓国NGOは元気いっぱい。大阪のNGO「モモの家」で、夜は大宴会!この日の宴会で、さらに日韓NGOの関係はぐぐっと近くなりました。会議室のミーティングも大事ですが、飲み会での本音トークは、仲よくなるのにかかせません!

PICKUP CONTENTS

  1. Home
  2. 国際会議の動向 > COP12 > 日韓NGOミーティングVol.3

国連生物多様性の10年市民ネットワーク

〒450-0001 名古屋市中村区那古野1丁目44-17 嶋田ビル203
国連生物多様性の10年市民ネットワーク事務所
TEL: 090-9895-2055
e-mail: inq@jcnundb.org

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ

このホームページは地球環境基金の助成金により作成されています

© Japan Civil Network for the United Nations Decade on Biodiversity All Rights Reserved.

page top