国連生物多様性の10年市民ネットワーク JCN-UNDB

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 魚のゆりかご水田2017と鮒ずしの仕込み

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 『グリーンタイガーが目覚める!』上映会(虔十の会)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ!】夷隅川(いすみがわ)によってつながる、里山と里海をめぐる現地見学と公開セッション(2)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】「夷隅川(いすみがわ)によってつながる、里山と里海をめぐる現地見学と公開セッション」(1)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    沖縄県東村高江〜やんばるの森とヘリパッド建設〜 

    more

  1. Home
  2. 国際会議の動向 > COP12 > COP12に向けた日韓NGOミーティングVol.1(2013.9/14~9/15)報告

国際会議の動向

INTERNATIONAL CONFERENCE

COP12に向けた日韓NGOミーティングVol.1(2013.9/14~9/15)報告

2014.06.19

 生物多様性条約COP12まで、あと1年ちょっと。今年の開催地は、隣国である韓国のピョンチャンです。COP12開催までに、日韓NGOの連携を作り出し、COP12で愛知ターゲットに意欲的なロードマップが作成されること目指し、北東アジアの生物多様性保全を進めていく大きなきっかけにしたいものです。UNDB市民ネットは、これまで韓国NGOとのつながりがないため、以前から湿地問題などで韓国NGOと連携を続けてきているラムサール・ネットワーク日本の力をお借りして、第一回日韓NGOミーティングを釜山市で開催することがかないました。

cop12nikkanMT_01

cop12nikkanMT_02

cop12nikkanMT_03

 韓国の名古屋議定書の批准、愛知ターゲット達成の促進、SDGs(持続可能な開発目標)での生物多様性の主流化など期待はいろいろあるが、COP12のイメージがまだよくわからないという韓国側からの要請で、まずは日本の名古屋COP10での経験を共有しました。日本では、COP9(ドイツのボン開催)終了後、すぐに国内のネットワーク作りを開始したこと、水田決議や国連生物多様性の10年決議など市民主導で得た成果、COP会場で様々な市民やNGOが出会い、新しい活動やネットワークにつながったことなどが報告されました。

韓国側からの質問は、「COP10の成果に対してどう感じているか」「どのようにネットワーキングをしたのか」「ネットワークの運営はどのようにしたのか」「ネットワークにはどのような人が集まったのか」など多数ありましたが、特にネットワークの作り方、組織運営の仕方に質問が集中しました。
日本側からは、ホームページでの情報共有の重要性、100日前イベントなどによる関心の喚起、COP準備会合SBSTTAへの参加の重要性、事前に出たアジェンダにあわせイシューごとにテーマグループを18作り、各グループが干渉しない原則で、それぞれが独自にやりたいことを企画運営したこと、グループによっては、マスコミやCSR活動をしている企業なども入ったこと、ポジションペーパーの必要性などを伝えました。

活発な議論が交わされ、二日間はあっという間。一日目の夜も釜山の魚料理に舌鼓を打ちつつ、日韓お互いの状況を夜遅くまで語り合いました。まだまだ話し合うことが必要と次回10月に開催される第8回日韓湿地フォーラムをCOP12に向けたものとし、さらに日韓連携に向けて議論をすることに。日本からは再びラムサール・ネットワーク日本とUNDB市民ネットが参加することになりました。次回の日韓NGOミーティングの主要なテーマは、

① CBD-COP12をどのように活用するのか日韓共同戦略を構築する
② 日韓両国の湿地の現状と活動の情報交換
③ ラムサールCOP10、CBD-COP10以降、日韓の湿地政策にどのような変化がったのか
④ 「原発問題」「遺伝子組み換え問題」など湿地以外のテーマも取扱い議論する

韓国側としては、10月までにCOP12に向けた韓国NGOの戦略会議を持つことや、ネットワーク作りに取組み始める意向を表明しました。
スタートすると瞬発力がすごい韓国NGOが、COP12に向けてどのようなネットワークを作るのかが楽しみです。(坂田)

日本の参加者:花輪伸一、柏木実、浅野正富、坂田昌子、今井麻紀子
韓国の参加者:パク・チュンロク、キム・キョンチョル、ハン・ドンウク、パク・インジャ、ソ・ニョン、キム・キョンウォン、Zi Tzan Hyuk、イ・ヨンチョル、キム・ヘチャン、ハンサムリル生協、釜山グリーンコリア、カンファド市民連帯

PICKUP CONTENTS

  1. Home
  2. 国際会議の動向 > COP12 > COP12に向けた日韓NGOミーティングVol.1(2013.9/14~9/15)報告

国連生物多様性の10年市民ネットワーク

〒450-0001 名古屋市中村区那古野1丁目44-17 嶋田ビル203
国連生物多様性の10年市民ネットワーク事務所
TEL: 090-9895-2055
e-mail: inq@jcnundb.org

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ

このホームページは地球環境基金の助成金により作成されています

© Japan Civil Network for the United Nations Decade on Biodiversity All Rights Reserved.

page top