国連生物多様性の10年市民ネットワーク JCN-UNDB

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 魚のゆりかご水田2017と鮒ずしの仕込み

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 『グリーンタイガーが目覚める!』上映会(虔十の会)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ!】夷隅川(いすみがわ)によってつながる、里山と里海をめぐる現地見学と公開セッション(2)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】「夷隅川(いすみがわ)によってつながる、里山と里海をめぐる現地見学と公開セッション」(1)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    沖縄県東村高江〜やんばるの森とヘリパッド建設〜 

    more

  1. Home
  2. グループ活動 > 海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト > 【会議参加報告】 第22回海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト

グループ活動

GROUP ACTIVITY

【会議参加報告】 第22回海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト

2016.01.31

第22回うみたん

第22回うみたん

2015年12月20日
企画提言委員会 岩渕翼

海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト(通称うみたん)の第22回会議が2015年12月20日に東北大学で開催されました。今回の会議には川廷昌弘氏が参加され、宮城県南三陸町で行っているFSC/ASC認証取得を通じた復興の取り組みを発表しました。高齢化や後継者不足、里山や山林の荒廃など、日本の多くの地方都市が抱える様々な社会問題を圧縮して社会に突きつけたのが東日本大震災だったとの見方もある中、まちづくりもさることながら人々の生業をいかに持続可能な産業として復興させられるかが各被災地の大きな課題になっています。南三陸町では、基幹産業である林業および漁業・養殖を改めて見直し、それぞれFSC(Forest Stewardship Council = 森林管理協議会)とASC(Aquaculture Stewardship Council = 水産養殖管理協議会)認証を取得することで付加価値を付ける取り組みが進んでいます。街としてFSC取得を後押しすることは珍しいばかりか、ASCは国内初の事例であり、一市町村で両者の取得となれば、かなりインパクトのある事例となるでしょう。今後この取り組みがどのような波及効果を生んでいくのか、引き続き見守っていきたいと思います。

PICKUP CONTENTS

  1. Home
  2. グループ活動 > 海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト > 【会議参加報告】 第22回海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト

国連生物多様性の10年市民ネットワーク

〒450-0001 名古屋市中村区那古野1丁目44-17 嶋田ビル203
国連生物多様性の10年市民ネットワーク事務所
TEL: 090-9895-2055
e-mail: inq@jcnundb.org

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ

このホームページは地球環境基金の助成金により作成されています

© Japan Civil Network for the United Nations Decade on Biodiversity All Rights Reserved.

page top