国連生物多様性の10年市民ネットワーク JCN-UNDB

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 魚のゆりかご水田2017と鮒ずしの仕込み

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 『グリーンタイガーが目覚める!』上映会(虔十の会)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ!】夷隅川(いすみがわ)によってつながる、里山と里海をめぐる現地見学と公開セッション(2)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】「夷隅川(いすみがわ)によってつながる、里山と里海をめぐる現地見学と公開セッション」(1)

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    沖縄県東村高江〜やんばるの森とヘリパッド建設〜 

    more

  1. Home
  2. イベント・フォーラム > イベント・セミナー > 【報告】パートナーシップ・ダイアローグ@GEOC ~生態系をいかした防災・減災のこれからを考える~

イベント・フォーラム

EVENT FORUM

【報告】パートナーシップ・ダイアローグ@GEOC ~生態系をいかした防災・減災のこれからを考える~

2015.09.09

【報告】

 8月6日16時から、地球環境パートナーシッププラザのセミナースペースで「パートナーシップ・ダイアローグ@GEOC~生態系をいかした防災・減災のこれからを考える~」を開催しました(環境パートナーシップ会議との共催)。

 4年前の東日本大震災以降、防災・減災という観点から、社会のしくみを再構築することは、NGOにとっても重要な課題となっています。今年は3月に仙台市で国連防災世界会議が開催され、また9月に国連で採択されるSDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)でも、防災というテーマが取り上げられています。その中でも近年注目されているのが、Eco-DRRやグリーンインフラと呼ばれる「生態系をいかした防災・減災のしくみ」です。これらのしくみを持続可能な地域づくりに役立てるには、どうしたらよいでしょうか。今回のイベントでは、関係省庁の担当者の方々をお招きし、こうした取り組みの現状や今後の課題についてうかがいました。ちなみに、UNDB市民ネットでは、「防災と生物多様性」グループがこのテーマについて活動しています。

 最初の講演では、環境省自然環境局の八元綾さんから、Eco-DRRの概要を紹介していただきました。このEco-DRR(Ecosystem-based solutions for Disaster Risk Reduction)とは、生態系がもつ物理的な機能を活用した防災・減災のことです。例えば、海岸線に緩衝地帯として保護林や湿地を設け、津波の被害を軽減するといったこと、国内でも、陸前高田市小友浦などの事例があります。また、現在実施にあたっては、Eco-DRRの機能を適切に評価・検証するためのツールの整備や、それにもとづいた地域社会の合意形成などが課題となっています。続いて、国土交通省国土政策局の岩浅有記さんから、グリーンインフラについて報告していただきました。グリーンインフラとは、自然環境の多面的な機能を活用したインフラ整備・土地利用のことです。報告では、大分県中津干潟、青森県木野部海岸での防災と景観・環境保全の両立といった事例が紹介されました。グリーンインフラは、多機能であるだけでなく、長寿命・低コストでもあり、現代の人口減少社会において大きな可能性を有しているでしょう。

 その後の質疑では、従来の“グレー”インフラからどのようにグリーンインフラへの転換を図るのか、防災優先の事業が進んでいしまっている被災地の復興計画において、自然環境の視点をどのように取り入れていくのかといったことが議論されました。今後は、被災地の復興計画の中でも、Eco-DRRやグリーンインフラのしくみがさらに取り入れられることはもとより、それ以外の地域、あるいは都市部でも、積極的に活用し、主流化を図っていく必要があると感じました。

 また、このイベント後同会場では、18時から環境パートナーシップ主催による「サステナビリティ円卓会議~SDGs今とこれから~」が開催されました。これは、国連サミットでのSDGsの採択が目前の9月に迫っていることを踏まえ、現在の政府間交渉の状況や、今後国内での対応がどのようになされていくのかについて、意見交換を行うものです。

 最初に、環境省の水嶋周一さんがSDGs全体の概要、現在の交渉状況について紹介した後、それぞれのステークホルダーの関係者が、それぞれの立場から、SDGs達成に向けた今後の国内対応について報告しました。まず、消費者の立場から、古谷由紀子さん(サステナビリティ消費者会議)が消費者教育などの対応について、次に企業の立場から、川廷昌弘さん(博報堂/グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン)が、CSR(企業の社会的責任)を通じた取り組みについて、さらに大塚隆志さん(イクレイ(ICLEI:持続可能性をめざす自治体協議会)日本)が、自治体の立場から、低炭素社会への転換に向けた都市の行動プログラムについて報告しました。

 また、NGOの立場からは、MDGs(ミレニアム開発目標)の達成のために活動してきた「動く→動かす」の稲場雅紀さんが、ポストMDGsであるSDGsへの取り組みにおいて達成しなければならないさまざまな課題を提起しました。続いて、UNDB市民ネットからは谷川徹さんが、地域社会の課題への対応について、SDGsを通じた処方箋がどのように作れるか、その処方箋を実際に現場で動かすためにはどうすればよいかという問題提起を行い、とくに四国(高知県、愛媛県)での取り組みについて紹介しました。市民ネットでは、このテーマについて「SDGsと生物多様性」グループが活動しています。

 その後の質疑では、多岐にわたるSDGsの内容について、今後どのようにさまざまなステークホルダーが連携するのか、それぞれの達成に向けた取り組みをどのような形でとりまとめるのかといった論点をめぐり、白熱した議論がかわされました。SDGsについても、出来上がったしくみをどのように現場で活かすのかということが、ますます重要になっていると感じました(藤田)。

  • 講和の様子

  • パートナーシップ・ダイアローグ@GEOC~生態系をいかした防災・減災のこれからを考える~

  • サステナビリティ円卓会議~SDGs今とこれから~

開催概要

日時 2015年8月6日(木)16:00~17:30
場所 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)セミナースペース(東京・渋谷区)
主催 環境パートナーシップ会議(EPC)/国連生物多様性の10年市民ネットワーク
協力 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

プログラム

  • イントロダクション
  • 講演1:生態系をいかした防災・減災(Eco-DRR)の主流化に向けて
    環境省自然環境局自然環境計画課 八元 綾氏
    (仙台防災会議など国際的な情報、Eco-DRR主流化に向けた今後の実施面での動き国内実施に向けた政策動向や優良事例など)
  • 講演2:グリーンインフラの実現に向けた政策をいかすために
    国土交通省国土政策局 岩浅有記氏 国土交通省
    (グリーンインフラ実現に向けた政策動向や優良事例、自治体の取り組みなど)
  • 自由討論:生態系をいかした防災・減災を実現するためのアクションプランとは

PICKUP CONTENTS

  1. Home
  2. イベント・フォーラム > イベント・セミナー > 【報告】パートナーシップ・ダイアローグ@GEOC ~生態系をいかした防災・減災のこれからを考える~

国連生物多様性の10年市民ネットワーク

〒450-0001 名古屋市中村区那古野1丁目44-17 嶋田ビル203
国連生物多様性の10年市民ネットワーク事務所
TEL: 090-9895-2055
e-mail: inq@jcnundb.org

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ

このホームページは地球環境基金の助成金により作成されています

© Japan Civil Network for the United Nations Decade on Biodiversity All Rights Reserved.

page top