国連生物多様性の10年市民ネットワーク JCN-UNDB

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】やんばるの森 アキノ隊員のネイチャーガイドに参加しました

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 クライストチャーチ、震災復興から市街地再開発まで

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ】 カイコウラ 港町の震災復興

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!ニュース

    【特派員メモ】 ウェリントンの都市型保護区、Zealandia

    more

  • 生物多様性・特派員メモ!

    【特派員メモ!】タンチョウへの愛しさと せつなさと 心強さと

    more

  1. Home
  2. 記事・資料 > その他 > モモの家

記事・資料

ARTICLES AND DOCUMENTS

モモの家

2015.06.21

松村志保

モモの家

モモの家

大阪の街の中にある昭和初期に建てられた家を「モモの家」と名付け1996年から続けています。100名ほどの会員からの年会費や仲間たちの野菜や加工品、雑貨などの店頭販売、モモの家の広間をイベン卜貸しスペース料、寄付金などで毎月の家賃を賄っています。敷地の半分を占める庭には樹齢約100年のクスノキ、桜、松、ビワ、桑、かりんなどの庭木があり、庭仕事や剪定、木造の古家の手入れなども会員たちの無償の働きです。1995年の阪神淡路大震災がきっかけとなりこの家は生まれました。たすけあいは普段から。体が勝手に動くくらい日常的に。それには場がいる。毎年の祭りや餅つき、味噌作リ、月1回の近所の川の掃除、イベントなどを通し共同作業や他者との関わり合いを私たちは学んでいます。そとには老若男女、多様な人たちが集います。モモの家でのいろいろな学習会のひとつとして「主物多様性」がありました。「愛知ターゲッ卜」をひとつひとつをひも解けば、絶滅危惧種や環境の問題だけではなく、衣・食・住やコミュ二ティの知恵、自分たちがたすけあう中で感じていることなどが、活かせるような気がしています。

大阪府吹田市泉町5-1-18
http://www.momo-fam ily.org/
OPEN 水曜・木曜日12:00~18:00カフェ・野菜市など

PICKUP CONTENTS

  1. Home
  2. 記事・資料 > その他 > モモの家

国連生物多様性の10年市民ネットワーク

〒450-0001 名古屋市中村区那古野1丁目44-17 嶋田ビル203
国連生物多様性の10年市民ネットワーク事務所
TEL: 090-9895-2055
e-mail: inq@jcnundb.org

  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Twitter
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Facebook
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク 公式Youtubeチャンネル
  • 入会のご案内
  • お問い合わせ

このホームページは地球環境基金の助成金により作成されています

© Japan Civil Network for the United Nations Decade on Biodiversity All Rights Reserved.

page top